fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

一般的な常識を身に着けるためウェブデザイン検定に合格したい

約 5 分

ウェブデザイン技能検定を受検するメリットとして、未経験からWebデザイナーに就職・転職する際に採用担当者に意欲やスキルをアピールできる点、既にWebデザイン業務に従事する方であれば自分のスキルの把握や昇進に活かせる点が挙げられます。
そこで、今回はウェブデザイン検定をテーマに。

ウェブデザイン技能検定とは


ウェブデザイン技能検定は、国家検定制度である技能検定制度の一つとして、
厚生労働省より職業能力開発促進法第47条第1項の規定に基づき指定試験機関の指定を受け、
特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会(以下、当協会)が実施するものです。

試験は実技および学科試験で実施され、
関連国際標準規格等に基づきウェブデザインに関する知識・技能、実務能力等が問われます。
1級の合格者には厚生労働大臣より、2級及び3級の合格者には当協会理事長より、
ウェブデザイン技能士の合格証書が発行されます。

webデザイン技能検定を受けるべき人とは!?試験についても解説


webデザイン技能検定とは、web業界で唯一の国家資格であり、業界内でも注目されている検定試験です。運営は「NPO法人インターネットスキル認定普及協会」が担っており、元々は都道府県知事が国の実施計画に基づいて行うものでしたが、2001年より施行された改正職業能力開発促進法などによって、指定試験機関で実施ができるようになりました。webデザイン技能検定は、webデザイナーを目指す上で必要となる知識や技術が問われる試験です。試験区分は1級から3級までが存在しており、2級や1級の難易度は高くなりますが、webデザインに関する一定の知識を身につけているという証明になります。1級から3級全てにおいて筆記試験(マークシート式)と実技試験(試験用のパソコンで作業)があり、知識だけでなく実際に手を動かしてデザインを制作することができるのかが問われます。

詳細は上記サイトでご覧ください。

勉強方法


独学で試験対策をすることも可能ですが、初心者から効率良く勉強したい方はスクールに通うことをおすすめします。スクールではWebに関する最新情報を得やすく、ポイントを押さえた学習が可能です。学習上の疑問点を講師にその場で質問したり、スクールが学習のペースメーカーとなり、検定合格に向けて計画的に学習を進めたりできます。同じ目標を持つスクールの受講生と切磋琢磨しながら勉強できるメリットもあります。

詳細は上記サイトでご覧ください。

勉強内容


ウェブデザイン技能検定は、「インターネット概論」「ワールドワイドウェブ(WWW)法務」「ウェブデザイン技術」を含む10科目の理解度を測る学科試験、Webサイト構築と運用に関する技能を確認する実技試験から構成されます。
学科試験では、インターネットの仕組みやネットワーク技術、著作権などの知的財産権、HTMLやCSS(全級共通)、JavaScript・CGI・PHP(1~2級)の他、人間工学を取り入れたユーザビリティやアクセシビリティを考慮したユニバーサルデザインに関する問題が出題されます。
実技試験会場で用意されるPCには、ブラウザとテキストエディタ(全級共通)、Adobe Photoshop、Flash(またはAnimate CC)、Dreamweaver、Fireworks(1~2級)、ApacheやPHP(1級)などのソフトウェアがインストールされているため、試験本番までに使いこなせるようにしたいところです。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「一般的な常識を身に着けるためウェブデザイン検定に合格したい」を実現するために

本記事で改めて一般的な常識を身に着けるためウェブデザイン検定に合格したいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「一般的な常識を身に着けるためウェブデザイン検定に合格したい」のようなにスキルアップについてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

一般的な常識を身に着けるためウェブデザイン検定に合格したいWISHはこちら