fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

「全てに感謝する」は、幸せになる最高の方法!!

約 4 分

『「ありがとう」をたくさん言う→たくさん言われる→自身が感じる景気がアップ』という“おトク”な循環が見られるという見解があるようです。
そこで、今回は全てに感謝するをテーマに。

「ありがとう」をたくさん言う人はトレスを引きずらず、幸福度も高い


ネスレ日本 調べによると、結果は以下の通りです。
「ありがとう」を1日に20回以上言う人の36.6%がストレスを受けても1日経てば忘れており、全く言わない人の40.5%が1週間以上引きずるのとは対照的な結果に。加えて、20回以上言う人の幸福度(平均6.8点)は、全く言わない人(平均4.4点)の1.5倍に上っており、ポジティブで“おトク”な「ありがとう」の効果が明らかになりました。

幸せになる最強の方法、感謝する気持ちがうむ7つの効果。


2016年11月24日はアメリカにおけるサンクスギビングデーです。日本語にすると感謝祭。というわけで、きょうは感謝することでおきるよい効果を7つお伝えすることにしました。
「もっと感謝しましょう」というと、「無理に感謝するのはよくない」「感謝とは自然に湧き出てくる気持ちであるべきだ」という人がいます。
ですが私は感謝できることを探して、「ありがとう」というのはいいことだと思います。
多くの人は、あまりにも便利な暮らしに慣れすぎて、感謝するのを忘れているのですから。
それに感謝するとこんな素晴らしいメリットがあります。
メリット

  • 1.健康になる
  • 2.幸せになる
  • 3.よく眠れる
  • 4.セルフエスティームがあがる
  • 5.人に好かれる、人間関係がよくなる
  • 6.仕事で成功する率があがる
  • 7.よけいな買い物が減る

詳細は上記サイトでご覧ください。

なぜすべてに感謝すると幸せになれるのか


最近読んだ小林正観の『ありがとうの奇跡』という本に、「すべてに感謝すれば何でも上手くいく」という感じのことが書かれていました。
このこと自体は僕も正しいと思うし、ちゃんと実践できれば結果が出る(幸せになれる)のも確かです。
しかし悲しいかな、この本には「なぜすべてに感謝すると幸せになれるのか」という理屈がごっそり抜け落ちています。
とにかく感謝しろ、とにかく「ありがとう」と言え・・・それしか書かれていない。
こういうのを見ると僕は思わず「もっとちゃんと書けよ!」と言いたくなってしまうワケですが、それはともかく。
今回はこの欠落した部分を僕が補い、もっとちゃんと誰でも結果が出る感謝の仕方を解説していきます。
もくじ

  • 1.「ありがとう」に関する誤解
  • 2.感謝とは何なのか
  • 3.「すべて」には何が含まれるのか
  • 4.すべてに感謝すると幸せになれる理由
  • 5.まとめ

詳細は上記サイトでご覧ください。

「全てのことに感謝したい」を実現するために

本記事で改めて全てのことに感謝したいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「全てのことに感謝したい」のようなに日常についてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

最近、感謝してますか?「全てのことに感謝」するWISHはこちら