fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

存在は貴重であり、非常に信頼性の高い資格!!

約 4 分

活躍の場としては、国会・地方議会の議事記録、裁判の記録、官庁、会社、諸団体の会議記録、学術研修会などの記録作成などです。という記事を見ました。
そこで、今回は速記技術検定をテーマに。

速記技術検定の合格率は?

資格の難易度 出典によると、以下の通りです。

  • 1級 22.4%(合格者数:11/受験者数:49)
  • 2級 24.6%(合格者数:17/受験者数:69)
  • 3級 24.7%(合格者数:23/受験者数:93)
  • 4級 48.1%(合格者数:25/受験者数:52)
  • 5級 47.5%(合格者数:28/受験者数:59)
  • 6級 74.1%(合格者数:20/受験者数:27)

必要スキルや向いている人の特徴などを具体的に解説


速記文字を使って発言を記録する職業であることから、速記者になるには速記文字を覚えて練習すればいいだけだと思われがちです。しかし、速記スキルだけでは速記者としてキャリアを積んでいくことは難しく、さまざまなスキルが求められます。このページでは、速記者になるために求められること、向いている人の特徴などについてご紹介します。
目次

  • 速記者になるには何が必要?
  • 速記者に向いている人、適性がある人
  • 速記者になるための学校・教室
  • 速記者になるには?まとめ

速記者に向いている人、適性がある人
■コツコツ努力できる人
速記者は速記文字を覚えるだけでなく、さまざまな知識をつけるための勉強が必要な仕事なので、コツコツと努力を続けられる人が向いています。少しでも早く速記できるようテレビやラジオで速記の練習をするなど、日々の努力が欠かせません。
また、医療系、法律系など専門用語が飛び交う現場で速記することもあるため、あらかじめ業界知識や専門用語を勉強したり、速記後にわからなかった点を調べる必要があります。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「文化としての速記符号を残したい」速記者・保坂正春さん


「自分の仕事が好き」。心からそう言いきれる人は、どれくらいいるのだろうか? 単に賃金を得るための手段ではなく、人生を賭するライフワークとして仕事に打ち込む。結果、一般的な幸せやレールから外れることになっても、おかまいなしに没頭し続ける。そんな、少しはみだした「クレイジーワーカー」の仕事、人生に迫る連載企画。今回お話を伺ったのは、速記者の保坂正春さんだ。
簡略化した文字や符号を用いて音声を素早く書き取り、会議での発言や記者会見の内容を正確に記録する速記者。国会中継で、発言を記録する速記者の姿を目にしたことがある人も多いだろう。保坂さんはこの道の大ベテランで、現在は速記会社の代表、日本速記協会の理事長も務めている。速記という技術をひたすらに磨いてきた、その仕事人生に迫る。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「速記技術検定に合格したい」を実現するために

本記事で改めて速記技術検定に合格したいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「速記技術検定に合格したい」のようなにスキルについてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

非常に信頼性の高い資格。速記技術検定に合格したいWISHはこちら