fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

愛着が湧いてコーヒーや食事も一段とおいしく感じられる!?

約 4 分
愛着が湧いてコーヒーや食事も一段とおいしく感じられる!?

全国各地で行われている「陶器市(陶器まつり)」は、窯元や商社の出店だけでなく、近年では若手作家などの出店も増えています。という記事を見ました。
そこで、今回は陶芸をテーマに。

2019年 陶芸市人気ランキング


陶器市情報ブログ出典によると、結果は以下の通りです。

  • 第1位 益子陶器市(栃木県)
  • 第2位 有田陶器市(佐賀県)
  • 第3位 波佐見陶器まつり(長崎県)
  • 第4位 笠間の陶炎祭(茨城県)
  • 第5位 せともの祭(愛知県)
  • 第6位 土岐美濃焼まつり(岐阜県)
  • 第7位 信楽作家市(滋賀県)
  • 第8位 九谷茶碗まつり(石川県)
  • 第9位 小石原焼 民陶むら祭(福岡県)
  • 第10位 備前焼まつり(岡山県)

陶芸体験を楽しむための7つのコツ


全国には陶芸を体験できるスポットがたくさんあります。子どもや初心者でもチャレンジできるところから、数日かけて仕上げる上級者向けのところまでさまざま。今回は、そんな陶芸体験の奥深い魅力をご紹介します。
目次

  • 1.陶芸体験の種類
  • 2.子どもや初心者でも楽しめる「絵付け」
  • 3.美しい仕上がりを目指すなら「電動ろくろ」
  • 4.オリジナリティをとことん発揮できる「手びねり」
  • 5.さらなる陶芸体験の楽しみ方
  • 6.陶芸体験の事前準備と注意点
  • 7.陶芸体験を満喫できるおすすめエリア

陶芸体験の種類
陶芸の産地にある工房や、各地の陶芸教室などで楽しめる陶芸体験。その主な種類には、器やオブジェに絵柄を描いていく「絵付け」と、粘土をこねて自由に形を整えていく「成形」の2つがあります。さらに「成形」の技法は、「電動ろくろ」と「手びねり」の2つに分かれています。目的や難易度、所要時間などが違うので、それぞれの特徴やコツを事前に押さえて自分に合った体験プランを選びましょう。

詳細は上記サイトでご覧ください。

【陶芸女子】浅草「dakota工房」で陶芸体験


dakota工房で開かれている陶芸教室には、定期的に工房へ通いながら学ぶことができるクラスから、まずは陶芸を試してみたいという方向けの1日体験陶芸や毎月1回土曜の夜に開かれるサタデー陶芸ナイトなどがあります。

仕事帰りやお休みの日など、自分の生活スタイルに合わせて陶芸を楽しめるのが嬉しい。1日体験陶芸やサタデー陶芸ナイトでは、「紐作り」と言われる陶芸の中でも基本的な作り方を体験することができます。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「陶芸をしたい」を実現するために

本記事で改めて陶芸をしたいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「陶芸をしたい」のようなに趣味についてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

手作りの温かさ。陶芸をしたいWISHはこちら