fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

20代、30代女性のなりたかった職業第一位!!

約 5 分

女の子の多くが、子供時代に「将来はお花屋さんになりたい!」と思った経験があるはず。綺麗なものに囲まれて働きたい思いを今でも抱き続けている女性も多いのではないでしょうか?
そこで、今回はお花屋さんをテーマに。

小学生の頃に将来なりたかった職業は?


モッピーバイト 調べによると、結果は以下の通りです。

20代女性

  • 1位:花屋など小売業の店主          11.1%
  • 2位:漫画家・イラストレーター・アニメーター 8.5%
  • 2位:料理人・パティシエ           8.5%
  • 4位:保育士                 7.4%

30代女性

  • 1位:花屋など小売業の店主          9.0%
  • 2位:漫画家・イラストレーター・アニメーター 8.2%
  • 3位:結婚(お嫁さん、専業主婦)       6.5%

花屋が開ける!開業の流れ


花屋を開業させるためのスムーズな流れとはどういうものなのか、そして、具体的にどのようにすれば安定して利益を出し続けることができるのかを、この道15年の花屋開業のプロが詳しく紹介していきます。
目次

  • ■花屋の開業で重要になるポイント
    ・ターゲットと目的に合わせた商品ラインナップ
    ・廃棄やロスを減らす工夫
    ・商品と季節ごとの流通経路を持つ
  • ■花屋を利用する目的と商品パターン
    〇花屋利用の目的
    ・誕生日や記念日
    ・冠婚葬祭やイベント
    ・お祝い
    〇商品パターン
    ・花束
    ・鉢物やアレンジメント
    ・プリザーブドフラワー
    ・造花
  • ■花屋の開業の流れ
    【手順1】事業計画の作成
    【手順2】資金調達
    【手順3】仕入れ先の確保
    【手順4】店舗探しと施工
    【手順5】メニューと料金設定
    【手順6】開業届の提出
    【手順7】スタッフの育成
    【手順8】宣伝活動
  • ■花屋で利益をだす5つのコツ
    ・在庫ロスのない商品メニュー作り
    ・提案型の商品メニュー作り
    ・販売チャネルを複数持つ
    ・法人顧客を持つ
    ・年間の商品ラインナップを用意する
  • ■在庫管理と商品づくりに注力することが安定経営の秘訣!

詳細は上記サイトでご覧ください。

39歳でお花屋さんをはじめた理由


大阪府茨木市に「FLOWER WORKS SAKU」(以下SAKU)をオープンしました。開業してから1ヵ月が経った今でも仕事は全然落ち着きませんが、開業までの道のりと現在進行形の開業中の出来事を細かく纏めて行こうと思います。
やっぱり花が好き
前の会社を辞めた理由を詳しくは書けませんが、僕を含めて社員全員が皆続けたくても続けれない状況になり会社を去りました。立場的に僕は一番初めにそうなる事を知っていたので他のスタッフに伝えるまでの期間は毎日本当に辛かったのを記憶してます。スタッフの事がいろいろ落ち着いてから自分や家族の今後をゆっくり考えたら、言いようのない強い不安に襲われました。でも、それでも人生は続いていきます。一旦不安は置いといて(無理やり忘れようと頑張りました)他の仕事を探すにしろ、何か新しい事を始めるにしろ、人生の転機だと思い、今の自分が出来る事、出来ない事、やりたい事、やりたくない事を考えました。その時の僕の頭の中はこんな感じでした。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「花屋さんになりたい」を実現するために

本記事で改めて花屋さんになりたいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「花屋さんになりたい」のようなに夢についてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

小さい頃の夢、花屋さんになりたいWISHはこちら