fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

マウスを使うな!Excelスキルを高めることで大幅な時間短縮が可能!!

約 4 分

「働き方改革」として、労働時間の削減に取り組む企業が増えています。とはいっても仕事の量が減るわけでなく…多くの人が、従来の業務をいかに効率化するかに頭を悩ませています。
そんな中、「Excelスキルを向上させれば、事務作業などの業務時間が削減され、お客様とのコミュニケーションや企画立案などにかけられる時間が増えます。」というコメントが。
そこで、今回は、Excelのショートカットについてをテーマに。

あなたは、どのくらい知っていますか。


Excelには、全230個のショートカットがあります。

あなたは、どのくらい知っていますか。
そして、どのくらい活用していますか。

Excel作業を20倍スピードアップするワザ


中田さんのExcel操作ポリシーは「マウスを一切使わない」ということ。
右手をキーボードからマウスへ移し、マウスからキーボードに戻すだけでも数秒かかります。ところが、99%の操作は、マウスを使わずキーボード操作だけでショートカットすることが可能。そのワザを身につければ、例えば、セルの色を変えるのに0.5秒、指定範囲に罫線をつけるのに0.8秒しかかからないとか。
また、Vlookup関数を活用したデータベースの統合が30秒以内に完結できるとのことです。

1つ1つの操作を短縮できるのはわずか数秒でも、積み重ねていけば大幅な時間削減につながります。
ちなみに、このワザをマスターした人からは「顧客先でExcel表を見せながらプレゼンする際、キーボードのみでスピーディに操作できるだけでも『デキる人』と思ってもらえる」という声も聞こえてきます。

ショートカットのためのキー操作の一例

  • 意外とみんな使っていない? [Ctrl]+[●]
  • セルの「移動」と「選択」をスピードアップ
  • セルの「編集」をスピードアップ
  • 「コピー&ペースト」をスピードアップ
  • 「挿入」「削除」をスピードアップ
  • 「基本関数」をスピードアップ

詳細は上記サイトでご覧ください。

あなたは毎日1時間以上を無駄な作業に費やしてます!


あなたは毎日1時間以上を無駄な作業に費やしてます!
・・・と脅したところで、ショートカットがどれだけの効果があるかを説明していきますね。
たかがショートカットくらいで・・・
という方にこそ是非読んでおいて貰いたい記事です。

ショートカットの効果
あなたはエクセルの「コピー → 貼付け」(通称コピペ)をどうやって行いますか?
もし、右クリックを使っていたなら、too bad です。
コピペには Ctrl+C(コピー) Ctrl+V(貼付け) というショートカットがあります。右クリックとショートカットを使うのとでは、3秒くらいは差が出ます。

・・・なんだ、そんなもんかと思ったあなた。
長期間に換算してみてください。例えば僕なら、コピペは1日100回くらいはします。
3秒×100回=300秒(=5分) の差が出ます。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「Excelのショートカットを活用したい」を実現するために

本記事で改めてExcelのショートカットを活用したいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「Excelのショートカットを活用したい」のようなに仕事についてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

時短で効率アップのExcelのショートカットを活用するWISHはこちら