fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

できることはご本人に!!

約 4 分

介護は、かかわる家族にも影響を及ぼす可能性が高いものです。介護に集中するあまり介護者が疲弊していくことや、仕事や育児との両立が不安視される問題も抱えています。という記事を見ました。
そこで、今回は介護をテーマに。

介護にあたっての基本的な考え方


相談e-65.net 出典によると、結果は以下の通りです。

  • 尊厳を守る
  • できることはご本人に
  • 根本原因を考える

介護の基礎知識


在宅での介護や、老人ホームへの入居、どちらの場合にせよ介護にかかわる方が知っておきたい基礎知識を解説します。
地域包括支援センターとは? その活用法
介護を考え始めた時、「地域包括支援センター」という言葉を聞いたことがある人は多いでしょう。しかし、どう活用していけばいいかわからない方も多いと思います。
そこで、今回は地域包括支援センターの業務内容や、介護を考え始めた際の上手な使い方について解説します。
地域包括支援センターを上手に活用することができれば、早い段階で介護予防に着手でき、介護そのものを遠ざけることができます。
また自分がやるべきことの道筋が見え、介護が始まった時にも慌てることなく対応ができ、心の負担も軽くなることでしょう。

地域包括ケアシステムとは 高齢者の暮らしはどう変わる?
少子高齢化が急速に進むなか、国は人生100年時代にふさわしい社会への転換を推し進めることを示しています。
具体的には、高齢者になっても住み慣れた地域で、自立した生活を最期まで送ることができるように、必要な医療、介護、福祉サービスなどを一体的に提供し、すべての世代で支え・支えられるまちづくりをすることです。
そのためのしくみを「地域包括ケアシステム」といいます。
全国の市区町村では現在、それぞれの地域に合った「地域包括ケアシステム」の構築を進めています。その背景や内容を解説します。

詳細は上記サイトでご覧ください。

介護をしているご家族の体験談


寝たきりの姑の介護をして一年以上になります。

今、介護することがとても楽しいんです。
こんなふうに書くとみなさん、えっ?と驚くかもしれません。

もちろんはじめから介護が楽しいと思ったわけではありませんでした。
腰椎骨折から始まり脳梗塞になり、入退院をくりかえし、三度目の退院の時、
姑は右半身麻痺の寝たきりとなり、付きっきりの介護が必要となりました。

離れて暮らす姑の実の娘達は在宅は無理、施設入所しかないだろうと思っていたようです。

その前に姑の事を話さなければいけません。
姑は9人兄弟の末っ子で、しかも両親が40歳を過ぎてからの子供だったので、
両親だけでなく、20歳も年の離れた兄夫婦たちからも愛され、
望むものは何でも与えられる環境でわがままに育ったようです。
そのせいか姑は自分本位、周りの者から恩恵を受けるのは当たり前。
本心は誰にも見せず、自分の殻に閉じこもる、そんな所がありました。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「無理なく介護をしたい」を実現するために

本記事で改めて無理なく介護をしたいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「無理なく介護をしたい」のようなにライフスタイルについてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

必要な手助けを無理なく介護をしたいWISHはこちら