fulfiii.biz

WISHでつながるSNS「フルフィー」公式ブログ

2045年には人工知能が人間の知能を追い越している!?

約 4 分

現在、第3次人工知能(AI)ブーム。
今回ブームが到来した背景には、AIに欠かせない機械学習/ディープラーニングが手軽に実行できるようになったこと、そしてAIを支える技術の進展やそれを取り巻く環境の変化がある。 また、ビジネス活用へのお膳立ても整ってきている。
そこで、今回はAIをテーマに。

なぜ今「AI」なのか?


日本では、少子高齢化の影響で2030年頃には1100万人の労働力が不足すると言われています。女性、外国人、若者などの就労環境改善の取り組みはありますが、ロボティクス、AIを必然的に取り入れなければ、日本の労働力不足は補えません。
従来予測の2035年の各国のGVA成長率では、日本は世界の先進国と比べて最低レベルになるとされています。ただし、AIを活用した場合には、2035年のGVA成長率が、従来予測に比べて3倍以上になる可能性があり、日本におけるAIの活用は非常に重要なのです。

人工知能(AI)の現状と今後の将来性とは?


最近、テレビを観ても新聞を読んでもネットニュースを見ても、必ず話題にあがるテーマが人工知能です。
2045年にシンギュラリティーと呼ばれる人工知能が人類を超えるという話も出ていて、多くの人が気になっているテーマでもあります。
ただ、『人工知能』という言葉は知っていても詳しくは知らないという方がほとんどではないでしょうか?
今回は、人工知能とは何か、今現在はどのような状況になっているのか、また将来はどうなっていくのかという部分についてお話しさせていただきます。
ぜひ今回の記事を読んで、今後の人工知能関連のニュースについていけるようになってください。
Contents

  • 1 そもそも人工知能とは?
  • 2 人工知能の現状って?
  • 3 人工知能の将来性って?
  • 4 人工知能の問題点って?
  • 5 まとめ

詳細は上記サイトでご覧ください。

AIプロジェクトが増えるにつれ課題も山積み


IDCの調査から、人工知能(AI)を使用している組織の3分の2は、AIを積極活用する「AIファースト」の社風を育もうとしているが、広範な戦略を導入している組織はわずか25%であることが分かった。
IDCの調査結果は、米TechRepublic Premiumの調査と米ZDNetの特集記事の内容ともかみ合っている。AIは、取締役会のバズワードであり、重要技術でもあるが、現実との乖離がまん延しているのが現状のようだ。IDCによると、組織の半数がAIを優先事項と見なしている。
IDCが世界の組織2473社を対象に実施した調査から、以下のことが明らかになった。
・AIの原動力となっている主要因は、生産性、ビジネスの機動性、自動化による顧客満足度である。
・AI導入を妨げているのは、人員不足、コスト、バイアスの問題、データ管理である。
・AIが最も導入されている事業分野はIT運用。次いで、顧客サービスと詐欺/リスク管理である。
・AI導入によって、ビジネスモデルが変わったとする組織は60%。
・企業の4分の1が、プロジェクトの失敗率が最高50%と回答。
AIの倫理的使用、バイアス問題、信頼についてのフレームワークを、正式に導入している組織は半数。

詳細は上記サイトでご覧ください。

「AI関連プロジェクトを立ち上げたい」を実現するために

本記事で改めてAI関連プロジェクトを立ち上げたいな。と共感された方には、やりたいことリストを簡単に可視化できるSNS「fulfiii」をおススメいたします。「AI関連プロジェクトを立ち上げたい」のようなに仕事についてのWISHだけではなく、ユーザーの様々なやりたいこと=WISHが公開されていますので、是非ご利用ください。

ホットトピック。AI関連プロジェクトを立ち上げたいWISHはこちら